申し込み手続きの後にある審査

カードローンを利用したい時は、カードローン会社に申し込み手続きをします。その会社とは銀行や貸金業者などが有名ですが、大企業から中小零細企業に至るまで、企業規模は大小様々あります。しかし規模の大小に関わらず、どんな会社にも審査があります。

 

審査というのは、申し込んだ人にお金を貸しても大丈夫かどうかをローン会社がチェックすることです。ですから実際にお金を借りることができるのは、申し込んだ人の全員ではありません。申し込んで無事に審査に通った人だけなのです。審査に落ちてしまった人は、残念ながらお金を貸してもらうことはできないのです。

 

カードローン会社としては、会社の利益を考えると申し込んだ人全員にお金を貸したいのです。そうすれば間違いなく儲かるからです。しかし、審査もしないで誰にでもお金を貸してしまうと、返してくれずに逃げてしまう人が続出する危険があります。そうなると商売上がったりで会社は倒産してしまうかもしれません。ですから審査は欠かせないのです。

 

その審査のポイントは、その人に人並み程度の経済力(返済能力)はあるのか、また、社会的な信用力はあるのか、という二点です。つまり返済能力があって信用できる人であるならば、ちゃんと約束通りに返済してくれるだろうと判断できるわけです。

 

逆に言うと、経済力もなくて信用できないような人にはお金は貸せないということです。

信用さえあればメガバンクなどの大きなところからの借り入れも可能となり、自身で安定した収入を得ている方なら三井住友銀行カードローンでの契約も可能となるでしょう。