返済が遅れるとどうなるの?

カードローンの返済を滞納してしまうといくつかのペナルティがあるので注意しましょう。

 

まず一番気になるペナルティが「遅延損害金」でしょう。要するに支払いが遅れた分だけ利息が割増されるというものです。

 

業者としては期日までに返済してもらえなければ他へお金を貸して利益をだすことができなくなりますから困るわけです。通常の利率よりも高く計算されますので返済は遅れないようにしましょう。

 

そして金銭面以外でもペナルティがあります。返済が遅れると信用情報へ返済が遅れた事が記載されます。一度記載されてしまうと新規の借入やクレジットカードの発行ができなくなる可能性があります。

 

全く借入ができなくなるという事ではありませんが借入出来る枠が減ったり、積み重ねによっては借入自体ができなくなる事もあります。

 

信用情報は一生残るものではありませんが、ある程度の期間ペナルティがあるわけです。お金の貸し借りは返済してもらえるという信用の元で行われます。こうしたトラブルはなるべく避けるべきでしょう。

 

またカードローンの返済を滞納していると督促の連絡もあります。家族や知人にカードローンの存在がバレるリスクも増します。わざわざ借金をしていることを周りに知らせたい人はいないでしょう。

多くの借り入れがあると返済が遅れがちになってしまう可能性があるため、借り入れを一本化するおまとめローンの利用を考えてみると良いでしょう。