カードローンと金利の関係

カードローンを利用する際には必ず金利が発生します。しかし金利は業者が自由に決める事ができるわけではありません。実は法律によって上限金利というものが定められています。

 

借入した元金が10万円未満の少額の場合は年利20%が上限となります。10万円~100万円までは18%が上限、100万円以上の場合は15%が上限となります。法律で定められているわけですから通常はこの金利を超える事はありません。

 

また、下限に関しては定められていませんが、利益を出すためにはある程度の金利を設定する必要があります。そのため実際には各業者で大きな差はあまり発生していません。

 

この上限金利ですが返済が遅れた場合には遅延損害として1.46倍まで請求できることになっています。通常であれば金利は20%を超える事はありませんが滞納するとそれ以上にかかってくる場合があるわけです。

 

法律上だと金利はこのように定められているのですが、実際には消費者金融と銀行では金利が異なっています。銀行は個人へお金を貸して利益を出さずとも企業への貸し付けで利益が出せるため低金利となっているわけです。一方で消費者金融のカードローンでは少額の借入の場合は上限金利ギリギリの場合が多いのです。

 

カードローンは気軽に利用しやすいのですが、きちんと知識を持って利用するようにしましょう。

しっかりとした知識を持ってカードローンを利用するなら、銀行からの借り入れとなるオリックス銀行カードローン契約においても消費者金融のキャッシングにおいても、どちらも安心ができます。